osake_高麗人参

高麗人参とワーファリンの飲み合わせの影響

高麗人参とワーファリンの飲み合わせの影響

ワーファリンは静脈血栓症や心筋梗塞症や脳血栓症といった治療や予防に使用される医薬品になります。
そして血液を固まりにくくして、血栓ができるのを防ぐ働きがある医薬品になります。
その働きに作用するのがビタミンKになります。
この医薬品を服用する際には、ビタミンKを含んだ食材や食品の摂取と大きく関わってきます。
例えば、足にできた深部静脈血栓は血栓が肺や心臓に流れて、血管を詰まらせていまうことになります。
これを防ぎ、できた血栓を溶かすのがこの医薬品の働きになります。
しかしこの医薬品を服用していた場合、ビタミンKを多く含んだ食事をするとこの医薬品の作用の効果を低下させてしまいます。
そのため、この医薬品を服用する場合には、ビタミンKの摂取は避けることになります。
特にビタミンKの含有量が多く、食べることを避けなければいけないのが納豆です。
またサプリメントとしてはクロレラがあります。
できれば避けた方が良いとされているのが、ブロッコリーといった緑黄色野菜です。
その他にもアルコール類も、この医薬品の作用に影響があるとされています。
そのため、この医薬品を服用する際には食事やサプリメントや健康食品といったことに気をつけなければいけません。
このため、やっかいな医薬品だとも言われています。


ワーファリンを服用するにあたって、上記のような食事の注意点がありますが、納豆以外の緑黄色野菜はバランスの良い食事の基本には欠かせません。
そのため摂取しすぎない程度に摂ることも望ましくなります。
そしてこの医薬品を服用している時に避けた方が良いとされているのが高麗人参になります。
ワーファリンと高麗人参との飲み合わせによる影響は、実は分かっていない部分もあります。
ただし、影響がでたとの報告例があります。
それは、このサプリメントにはビタミンKはあまり関係がありません。
ただし血小板凝集抑制作用があるとされています。
これもこの医薬品との影響は定かではありません。
しかし高麗人参のサプリメントは避けた方が良いとされています。
それはこの医薬品の使用中は出血が止まりにくくなるという特徴があるため、関係しているとされている部分もあるからです。
この医薬品を服用している時にはサプリメントや健康食品の摂取は避けると共に激しい運動や危険な作業はしない方が良いと言われています。
その他にも、この医薬品は服用してから約2日から3日後から効き始めます。
また服用をやめても約2日から3日後まで効いている医薬品です。
このようなことからもワーファリンは、服用するにあたってやっかいな薬だと言われています。
そのため、この医薬品を服用している時には、高麗人参といったサプリメントや健康食品の摂取は避けることになります。
どうしても摂取したい場合は、主治医と相談することになります。